室内でも紫外線予防は必要|辛いアトピーにも使用できる化粧水を使いましょう

辛いアトピーにも使用できる化粧水を使いましょう

婦人

室内でも紫外線予防は必要

ウーマン

紫外線対策を万全に

小じわはスキンケアで十分になくせますが、それより小じわをつくらないようにふだんから予防に努めることのほうが、より大切です。そこで、小じわ予防のために日常ぜひ心がけていただきたい生活上のポイントが数点あります。まず第一に、お肌の大敵ワースト1の紫外線をどう防ぐかです。紫外線というとすぐ夏の海を連想されるかと思います。でも、ふだんの生活の中であまり意識せずに浴びている紫外線も、思いのほか多いです。たとえば、洗濯物を干したり庭いじりをするとき、また近所に買い物に行くときでさえ、けっこう紫外線を浴びていることがわかります。また、部屋の中であっても日当たりのよい窓ぎわなどは油断禁物で、紫外線は窓ガラスを通して室内に入ってきます。

室内でいるときも

このような、いわゆる生活紫外線は、一度に浴びる量が少ないため、日焼けして炎症を起こすようなことにはならない。問題なのは毎日浴びつづけてそれが蓄積されると、何年かたって小じわやシミとなってあらわれることです。そこで家庭にいても、ある程度の紫外線対策は必要になってきます。その対策ですが、たとえば買い物に出たり、庭いじりをするなど戸外で長時間過ごすときは、必ずサンケア効果のあるファンデーションとフェイスパウダーなどをつけて紫外線を遮断することです。ファンデーションをつけたくないなら、紫外線予防用とうたっているクリームを塗るだけでもOKです。また、日当たりのよい室内にいるときは、日焼け止めクリームだけは塗っておきます。日やけしやすい首筋や胸なども同様です。